オーシャンフロントを堪能するシェラトン・ワイキキ

初めてハワイに訪れた時から、いつかは泊まりたいと思っていた、Sheraton Waikiki(シェラトン・ワイキキ)。

夫がSPG会員になったのを機に、ワイキキビーチに面してドンと構えられたそのホテルに滞在してみることにしました。

■シェラトン・ワイキキの立地

シェラトン・ワイキキを語る上で欠かせないのは、その立地。ワイキキビーチにごく近く、Google mapで見てみると、ワイキキビーチに面して本を開いたように広がっています。

部屋数が1,600とも言われているこのホテルが、オーシャンビュー以上の部屋を数多く確保できるのは、この立地とホテルの形状によるもの。

ワイキキビーチを堪能できるのはもちろん、ショッピングや食事にも便利な場所なので、精力的にワイキキを楽しみたい人にはこの上ない立地です。

■宿泊者専用のインフィニティプール

ワイキキにはオンザビーチのホテルはいくつかあるけれど、ビーチに面したプールを備えているのはシェラトン・ワイキキだけ。

アダルトオンリーのインフィニティープールは、多くの人で賑わっています。プールサイドのベッドの場所取りは、AM10時前に済ましておきましょう!

朝一番には、プールでのアクティビティに参加するのも、インフィニティプールを満喫するポイント。

このプールの隣には、子供が楽しめる滑り台などがついたプールもあるので、お子様連れでも楽しめます。

■何と言ってもオーシャンビューが素晴らしい!

今回泊まった部屋は、「デラックスオーシャンビュー」。ワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッド、ピンクパレスと、ワイキキを象徴するような景色を堪能することができます。

ハワイのガイドブックやパンフレットで見かけるような写真だけど、この景色を自分の目で見たのは初めて!THE HAWAIIだなーと、少し嬉しい気持ちに。

一日中お部屋で過ごすのも良いと思えるような、素敵な景色。

 

シェラトン・ワイキキに滞在するのであれば、この立地でしか堪能できない景色のため、ダイヤモンドヘッド側のオーシャンビュー以上のお部屋をおすすめします。

■レアヒ・ラウンジ

今回宿泊した部屋のグレードではラウンジアクセスがついていなかったけど、ラウンジを利用できるチケットを1日分購入。

日中はクッキーやフルーツ中心の軽食、夜にはチーズやクラッカー、ワインなど、夕食後の晩酌にぴったりな食事が並んでいました。

素朴な雰囲気のラウンジです。

■率直な感想

シェラトン系列の大きなホテル。なんと部屋数は1,600もあるよう。毎日多くの人が出入りするので、チェックインカウンターは長蛇の列。私たちはSPG会員だったので、専用カウンターからチェックイン。ショートカットできました。(チェックインで何分も待つのって地味に気分が下がる瞬間だったりするので、カードさまさまでした!)

1階のロビーは大勢の人が絶え間なく行き交い、そして常に日本語が溢れ、門戸の広いホテルということがわかります。

ワイキキの中心で賑やかな雰囲気を味わいたい、という方にはおすすめです!

2020年に向けて、改装中のシェラトン・ワイキキ。綺麗になってきっと値上がりすると思うので、このタイミングで訪れてみるのも良いかもしれません。

Leave a Reply